News

2018/09/14

糸乃さんは普段、文具や書籍、年賀状などの紙媒体を中心とした商品のイラストレーションのお仕事をされています。また、数年前よりお料理の仕事にも取り組みはじめ、ご自宅でもあるHOMEBASEでのカフェやケータリングなど、料理の活動も行なっています。

 

いつもはデジタルでイラストを描いている糸乃さんですが、今展示の絵皿は、下絵だけデジタルでつくり、それをカーボン紙でお皿にうつし、丸ペンや面相筆でペン入れして、1枚1枚手描きで絵付けをしています。普段とは異なる手作業によって生み出された絵皿は、白いお皿に可愛らしい絵柄が繊細なタッチで描かれていて、糸乃さん自身の雰囲気をまとっているような作品となっています。

デジタルでは「ミス」になってしまう「はみだし」や「ゆがみ」も、アナログだと、それもかわいいじゃない、と大らかになれる。野菜の惣菜を考えたり、手元でスケッチしたりすることが、今すすんで楽しくできること、と言う糸乃さん。約10年ぶりの今回の個展は、新しいことへのチャレンジをかたちにしたものです。

絵付けのお皿は、もちろん料理を載せて食卓でお使いいただけますが、プレートハンガーで壁に飾るのもおすすめです。陶器なので台所などの水回りや湿気のあるような場所に飾っても大丈夫。食事の時以外でもお気に入りのお皿が楽しめたら素敵です。プレートハンガーは展示に合わせて販売していますので、お皿と合わせてのご購入もどうぞ。

今展示では、イベントとしてお弁当の販売も行います。糸乃さんのお弁当は、味はもちろんとても美味しくて、その上、彩りが豊かでバランスがよく、目にも美味しいのです。さすが絵を描いている人です。

料理活動のお届けのお弁当には、糸乃さんの季節のイラスト付きお品書きが添えられているそう。こういう心くばりが、お弁当の時間をより楽しく美味しくしてくれます。

糸乃さんのお弁当販売は、9月15日(土)・16日(日)・23日(日)の3日間です。15・16日のご予約は締め切りましたが、23日はご予約受付中です。また、3日間とも当日販売分を若干数ご用意しています。12時から17時まで、売り切れ次第終了です。

そろそろ秋めいてきて、ゆっくりと食事を楽しみたい気候になってきました。新しいお皿で準備をされてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スタッフ:イイヅカ

© museum shop T all right reserved.